タクシードライバーの勤務時間は平均どんな感じ!?

タクシードライバーとして働く

たくさんある仕事の中の一つとしてタクシードライバーの仕事があります。一年中、色々なタクシー会社でタクシードライバーを募集しています。タクシードライバーとして働きたいと思っている人が気になるのは、どれくらいの勤務時間になるかでしょう。もちろん、どれくらいのお給料をもらうことができるのか、これも大きな注目点になるでしょう。ただ、長く働くことができるかは勤務時間の長さが大きく関係してきます。タクシードライバーには昼日勤と呼ばれる勤務体制もあれば、夜日勤という勤務体制もあります。昼日勤については、一般的なサラリーマンと同じように昼間に働くことになり、夜日勤に関しては、夕方以降深夜まで働く勤務体制になります。

具体的な勤務時間はどれくらいか

昼日勤の場合、朝7時から夕方4時までか、朝8時から夕方5時までという2通りが一般的です。そして、夜日勤の場合、夕方5時から夜中の2時までとなります。昼日勤に関しては太陽が出ている時間帯で労働条件的には良いので、遅い時間帯に働くのが難しい高齢者や女性の方に人気の働き方になっています。そして、1日の拘束時間は基本は13時間以内となっていますが、長い場合は16時間となります。どちらを選ぶかはタクシードライバー次第のところはありますが、昼間の時間帯は電車やバスが走っている時間帯ですから、本当に稼ぎたいタクシードライバーは深夜の時間帯で電車やバスが走っていない時に働くことを希望します。ですから稼げるのは深夜時間帯になるでしょう。

運転手の募集は、各事業所付近での掲載や、ポスティングによるDMなどがあります。業種によって必要となる運転免許(普通免許、中型免許など)が異なるので、募集の際は注意しましょう。

© Copyright Methods And Techniques. All Rights Reserved.