タクシードライバーは普通の免許ではなれない!?

タクシードライバーには二種免許が必要

タクシードライバーへの転職を考えた時、普通の免許だけでなれるものなのか、疑問に思いますよね。結論から言いますと、普通の一種免許だけでは、タクシードライバーにはなれません。タクシードライバーとして働くには、第二種普通自動車運転免許が必要です。二種免許は、事業としてお客さんを乗せて、車を運転するための免許なのです。二種免許は、満21歳以上でなければ取得できません。一種免許を取得してから3年以上経過していること、つまり、3年の運転経験が必須ということです。他にも、視力や深視力、聴力などの適正検査があります。運動能力の検査もあります。お客さんを乗せて運転し、お金をもらうという仕事は、それだけ責任があるということですね。

未経験でも採用される

二種免許は、教習所に通うか、合宿免許で取得するのが一般的です。二種免許取得にかかる費用は、数万から30万円くらいです。一種免許は自費で取得するものですが、二種免許については、タクシー会社が負担してくれる場合があります。求人情報をチェックして、費用を負担してくれる会社を選ぶのもいいかもしれませんね。雇い入れる会社にとっては、費用の負担は先行投資に当たります。一定期間勤務しなければ、費用を請求されることもありますので、注意が必要です。

未経験者がタクシードライバーとして採用され、二種免許を取得したとしても、すぐにお客さんを乗せられるわけではありません。タクシードライバーに必要となる運転マナーや、知っておかなければならない法規を学ぶために講習を受けることになります。

様々な会社で運送業の求人が募集されています。必要なものはトラックなどそれぞれの運送車両の免許であり、福利厚生なども整えられているのです。

© Copyright Methods And Techniques. All Rights Reserved.