バスドライバ―になるのに必要なものは何!?

大型免許は必須になる

バスドライバーになるためには、まず大型免許を取得していることは絶対条件になります。大型免許がなければバスを運転することができませんので、バスドライバー求人に応募するための必須資格です。取得するためには自動車教習所などに通って取得する必要がありますが、普通免許をとってから一定の年数が経過していなければ取得はできませんので、大型免許を自力で取る場合には必ず確認が必要です。

人手不足のバス会社の場合には大型免許の取得費用を負担してくれたり、自社でドライバーを育成しているパターンもありますので、バスドライバーの求人に応募する際に、普通免許をとってから一定の年数が経過している場合には、そうした会社に応募するのも良いでしょう。

バスドライバーに必要な免許とは

バスドライバーに必要な免許は働く場所によって異なります。企業の送迎バスを運転する時には一種免許でも運転が可能ですが、不特定多数のお客さんを乗せて運行する観光バスや路線バスの場合には、大型二種免許が必要です。

大型二種免許を持っていればバスドライバーの仕事は全てこなすことが可能であり、観光バスから路線バスに送迎バスに至るまでいろいろなところで資格を活かすことができます。しかしながら大型一種しか無い場合には大型二種が必要な仕事はできませんので、改めて二種免許を取得する必要があるのです。どこで働くのかによって必要な資格が違いますので、バスドライバーの求人に応募する際には、必須資格が二種なのか一種なのかを必ず確認しましょう。

運転手の求人は安全第一であることと運転が上手であることが求められます。運転経験が長く、事故の経験が無い人ほど優先的に採用されると言っても過言ではありません。

© Copyright Methods And Techniques. All Rights Reserved.