バスドライバ―は難しい?慣れるのにどれくらいかかる!?

経験によって難しさは異なる

バスドライバーの仕事が難しいと感じるか否かは、経験によって異なります。例えば大型トラックで物流の仕事をしていた方は、大型車の感覚やマニュアルの操作が分かっているのでスムーズに運転できるはずです。それでもトラックとバスでは感覚が異なりますが、大きな戸惑いはないはずです。ただ、これまで大型車の運転経験が皆無という場合は戸惑う可能性が高いです。車高や幅など全てが違うので、いきなりスムーズにできる仕事ではありません。バスは多くの乗客を乗せて運転するので、事故を起こすのは禁物です。事故が発生すると乗客が怪我をしますし、ニュースなどで報道されて会社の信用も下がります。バスへの慣れと事故を起こせないプレッシャーに勝つことが重要です。

勤務を続けるうちに慣れる

バスの運転は、勤務を続けるうちに慣れます。普通免許を取得しようとした時もそうですが、最初は慣れなくても多くの方が卒業して普通に道路で運転します。それと同じようにバスの車幅などは次第に慣れますし、距離感も把握できます。一番怖いのは慢心で、緊張の糸が解けてしまった時に事故が発生しやすいです。初心を忘れずに勤務を続ければ、数ヵ月程度で問題無く運転できるようになります。交通量の少ない道路であれば良いですが、交通量が多い道路は特に注意が必要です。車が多いということはそれだけ事故の危険性も高まるので、ウインカーを早めに出して注意を促したいものです。マニュアルの操作もバスによって多少癖が異なりますが、こちらも慣れによって違和感が消えます。

ドライバーの募集の中には、トラックドライバーやタクシードライバー、バスの運転や固定客の送迎を行う仕事など、様々な種類のものがあります。

© Copyright Methods And Techniques. All Rights Reserved.